社会保険労務士事務所に相談を

障害年金というのは、病気やケガによって日常生活や労働に一定の支障をきたしている人に対して支払われる公的年金のことです。実際に障害年金を受け取るためには加入要件、保険料納付要件、障害状態要件の全部で3種類の受給要件を満たしている必要があります。障害年金の手続きは年金事務所やお住まいの市区町村役場で行なうことが可能ですが、一般の方が自力で行なうには手続きがあまりに煩雑で、専門科の助けを借りなければ事実上困難とされています。現状で、障害年金申請を検討しているけれど、手続きが複雑でやりかたがわからないという悩みがある方もいるのではないでしょうか。

ほかにも、年金事務所などが近くになく、手続きをしに行くのが難しい、自分の症状で受給要件を満たしているのかどうかを知りたい、1回は申請してみたものの、書類の不備により受給にまでいたることができなかったなど、障害年金の申請に関する悩みを抱えている人は少なくないでしょう。一つでも思い当たることがあるという場合には、社会保険労務士事務所への相談を検討してみてください。社会保険労務士の力を借りることによって、上記のような問題は解決しますし、障害年金の申請代行をお願いすることも可能です。なお、このサイトでは、障害年金の申請代行をする社会保険労務士事務所を選ぶ際のポイントをまとめています。申請を検討している人は、相談先を決めるための参考情報としてお役立ていただければ幸いです。